ガナバナ

多くの人が「知らんがな」と思う「話」でも役立つ人もきっといる!商品やアプリのレビューからライフハック、日記、雑感まで。

人工餌だけで育てられるヒョウモントカゲモドキの購入方法

f:id:abrasivetj:20140115125141j:plain

前回までの記事でヒョウモントカゲモドキが飼いやすいと書きました。

手間いらずで飼いやすいヒョウモントカゲモドキ

ヒョウモントカゲモドキの飼うために揃えるもの

 
しかし、やはりエサとなるコオロギを見るのも触るのも嫌な人はいますよね(私もそのひとり)。
そんな中、人工餌があるというのはありがたいことです。
ただし、全てのヒョウモントカゲモドキ人工餌を食べるわけではありません
というのも、いろいろ調べてみると人工餌を全く食べない個体もいるらしいからです。
そんなわけで、人工餌を確実に食べるヒョウモントカゲモドキ出会う方法を考えてみます。

 

まずはイベントに行ってみよう

爬虫類に全く興味の無い人は絶対知らないと思いますが、全国各地で爬虫類(だけではないが)の展示即売イベントが行われています。

そこではカメやトカゲ、ヘビ、その他エキゾチックアニマルと呼ばれる動物を繁殖させたり販売しているブリーダーやペットショップの人が集まり展示即売会をしています。

まずはどんな種類がいて、どれくらいの価格で販売されているのかなど調査がてら行ってみましょう。

私も元々爬虫類が好きだったので、このイベントを知ってからはいろいろ回ってみました。見るだけでもそこらへんの動物園より面白いです。

ブリーダーさんと話してみよう
イベントでは物産展のようにいろんな店舗さんが並んでいます。
ヒョウモントカゲモドキを飼いたいのであれば、たくさん展示しているところで、わからない事を聞いてみましょう。
「はじめて」だと言えばたいていのお店は丁寧に教えてくれます。
話すのがちょっとという場合は、その店舗にショップの名刺カードが置いていると思いますので、もらってきましょう。

ショップやブリーダーさんにメールしてみる

いよいよ飼うと決めたら近くのショップやブリーダーさんにメールしてみましょう。
ショップはネットで調べて問合せフォームから連絡できます。ブリーダーさんにはイベントでゲットした名刺カードに掲載されている問合せ先に連絡します。
私の場合は人工餌で餌付けされたヒョウモントカゲモドキがいるかどうか、餌付けを手伝ってくれるかどうか、あとは予算や希望の種類などを丁寧な文章で書きました。
ただ、残念なことに「ヒョウモントカゲモドキは虫を食べるのが当たり前」という考えの方も多く、返信してくれるのは少ないです。
ですから数件ピックアップして送ってみましょう。

実際に見に行ってみよう

餌付ができそうだという返答をいただいたら、その前に一度お店に行って実物を見せてもらいましょう。
ペットとは相性がありますし、健康で元気な子のほうがいいですから自分の目で確かめます。
その上で、その子に決めたという場合には餌付けをしてもらいましょう。
その段階ではもう売約ということになりますので、お金のことや引きとりの日取りなどきちんとお店やブリーダーさんと話を詰めておきましょう。

人工餌で育てるという事

ヒョウモントカゲモドキ専用の人工餌は今のところ1種類しかありません。
もし、このメーカーがつぶれてしまったらということも考えなければなりません。
私はもう自分のヒョウモントカゲモドキが可愛いですから、その時は覚悟を決めてコオロギをあげます。

私が出会った良心的なお店

私もいくつかのお店にメールをして相談しました。
6件くらい送りましたが、2件は返信なし、2件は門前払い、1件は説教されるということで結構凹みました。
しかし、残る1件は人工餌を事前に食べるかどうかを試してくれて、とても丁寧な対応をしてくれました。
大阪エキゾチックアニマルを買うならこのお店で間違いありません。
 
最後に人工餌を美味しそうに食べる私のヒョウモントカゲモドキを見てください。